日本の南の海上には、いくつもの熱帯低気圧があります。そのうちの沖縄本島付近のものが、きょう台風へと変わり、3連休中、本州に荒れた天気をもたらす恐れがあります。

新たな台風発生へ 影響は?

きょう5日は、沖縄近海で新たに台風が発生する予想です。沖縄本島地方には、すでに活発な雨雲がかかり始めています。風も強まっていて、沖縄県国頭村奥では0時52分に最大瞬間風速21.7メートルの風を観測しています。沖縄本島地方では、6日にかけて雨風ともに強まり、荒れた天気となりそうです。その後、台風は東よりに進路をとり、連休中は本州に接近する恐れがあります。予報円が大きく予報にブレ幅がありますが、台風の進路次第では連休中は本州の広い範囲に影響が出ることが懸念されます。

沖縄には台風が立て続けに襲来?

新たに発生する台風の影響で、南西諸島には断続的に活発な雨雲がかかりそうです。風が吹き荒れ、海はうねりを伴いしけるでしょう。沖縄本島地方では6日にかけて荒れた天気が続きそうです。その後、7日には台風は九州方面へ進み、南西諸島からは遠ざかる見込みです。しかし、西からはすでに存在している台風9号が近づいてきます。立て続けに台風が接近するとトータルの雨量が多くなり、土砂災害などの災害の発生する恐れもあります。最新の情報をこまめに確認してください。

雨や風への備え

画像C

雨や風が強まる前までに備えを万全にしておく必要があります。台風襲来前に備えを再確認しましょう。最寄りの避難所、そこまでの道のりは大丈夫ですか?外に出している自転車をしっかりと固定し、鉢植えなどは飛ばされる心配がありますので、部屋に移動しておきましょう。また、ヘルメットや毛布、ペットボトルなどの非常用品、停電に備え、携帯ラジオやスマートフォン、懐中電灯も準備しておきましょう。