きょう6日(金)も猛烈な暑さ。沖縄から北海道まで広範囲に熱中症警戒アラート発表。台風10号は発達しながら南の海上を北東へ。

熱中症に警戒を

画像A

きょう6日(金)も広く晴れるでしょう。四国や近畿など雲の多い太平洋側も、気温が上がりそうです。内陸を中心に最高気温は35度以上の猛暑日になる所が多く、佐賀で37度など、体温を超えるような暑さも。関東や東北の太平洋側ではきのうより気温の低い所もありますが、それでも東京都心の最高気温は33度と厳しい暑さでしょう。
熱中症警戒アラートが沖縄や九州から北海道の広い範囲、25道府県に発表されています。発表されていない地域でも最高気温は35度に迫るような所が多く、万全な熱中症対策が欠かせません。
ノドが渇く前に水分補給をして、室内では冷房を適切に使って涼しくしてお過ごし下さい。暑い時間帯の外出は避ける方が良いですが、外を歩く際は「日陰を歩く」「日傘や帽子を使う」などして強い日差しを避ける工夫をしましょう。

3つの台風

画像B

きょう6日(金)午前3時現在、日本付近には台風9号、台風10号、台風11号と、3つの台風があります。きょう一番影響を受けるのは、台風10号です。
沖縄の大東島地方では台風本体の発達した雨雲がかかり、未明から明け方にかけては、記録的な大雨に。1時間降水量は南大東島で112.5ミリ、南大東島空港では96.5ミリの猛烈な雨が降り、いずれも観測史上1位の雨量となっています。
あす7日(土)にかけて、沖縄と奄美では風が強く、海はしけるでしょう。また、あさって8日(日)にかけては、本州に近づき、東海や関東など太平洋側を中心に荒れた天気になるおそれがあります。最新の情報をご確認下さい。

予想される風・波・降水量

画像C

【風の予想】あす7日(土)にかけて
最大風速(最大瞬間風速)
沖縄 18メートル(25メートル)
奄美 16メートル(25メートル)
【波の高さ】あす7日(土)にかけて
沖縄 5メートル
奄美 4メートル
【予想降水量(多い所)】あす7日(土)午前6時まで
沖縄 100ミリ
強風やうねりを伴った高波に注意・警戒して下さい。すでに大雨になっている所もあるため、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒・注意が必要です。