17日金曜は、台風が近づく九州〜東海で「バケツをひっくり返したような雨」や「滝のような雨」が降り、大雨のおそれがあります。関東から北も、午後は次第に雨が降るでしょう。

天気のポイントは?

画像A

17日金曜午後は、台風14号が西日本に上陸するおそれがあります。
このため、九州から近畿は断続的に雨で、東海地方も雨の範囲が広がるでしょう。九州から東海では、局地的に「非常に激しい雨」や「激しい雨」が降り、大雨になるおそれがあるというのがポイントです。
「非常に激しい雨」とは、滝のようにゴーゴーと降り続く雨で、傘は全く役に立たないレベルです。また「激しい雨」とは、バケツをひっくりかえしたように降る雨で、道路が川のようになるくらいです。
雨のピークは、九州では「日中」、中国・四国・近畿・東海では「夜以降」となりそうです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に、警戒が必要です。
また、雨だけでなく、風も強まるでしょう。沿岸部を中心に、非常に強い風が吹き、うねりを伴って大しけとなる所がありそうです。さらに、九州から近畿では、潮位が高い時期と台風の接近が重なるため、午後は高潮のおそれもあります。暴風や高波、高潮にも、警戒してください。
関東や北陸は、午後は次第に雨が降り出すでしょう。東北は、夜は傘の出番となりそうです。北海道も、雲が多く、夜は雨の降りだす所がありますので、お帰りの遅い方は傘をお持ちになると、安心です。ただ、関東から北海道では、雨が強まるのは、18日土曜になってからでしょう。
沖縄は晴れますが、天気が変わりやすく、急な雨に、ご注意ください。

気温のポイントは?

画像B

最高気温は、きのう16日木曜と同じか、低い所が多いでしょう。
沖縄や九州では、30℃前後まで上がりそうです。福岡など真夏日から解放される所もありますが、湿度が高いので、ムシムシと感じられるというのがポイントです。
中国、四国から関東、北陸は、27℃前後の所が多いでしょう。東京都心は26℃と、この時期らしい気温が続く予想です。
東北や北海道は、20℃を少しこえるくらいの所が多くなりそうです。昼間は上着なしで過ごせますが、朝晩は羽織るもので調節してください。