関東地方は、きょう17日午後から雨が降りはじめ、あす18日は台風が接近するおそれがあります。大雨に注意・警戒してください。また、交通へ影響が出る可能性もありますので、最新の情報を確認するようにしてください。

関東 17日午後から雨が降り始める

きょう(17日)の関東は、午前中は各地とも雲が多めながら、薄日が差した所もありました。ただ、午後は湿った空気が流れ込む影響で、次第に雨が降りだすでしょう。お帰りの時間は、傘が必要になりそうです。
台風14号は、きょう午後にも西日本に上陸する見込みで、関東地方にも湿った空気が流れ込み、断続的に雨が降りそうです。

台風接近のおそれ 18日土曜日は朝から雨・風強まる

画像B

台風14号は、きょう午前10時現在、五島市の西北西、約110キロの位置にあって、1時間に20キロの速さで東北東に進んでいます。台風は、きょう午後には西日本に上陸する見込みで、あす(18日)にかけて東日本へ進む見通しです。台風はあさって午前9時までには温帯低気圧に変わる予想ですが、関東でも大雨や高波などに注意・警戒が必要です。
関東では、次第に台風周辺の雨雲がかかりはじめ、あす明け方ごろからは雨脚の強まる所があるでしょう。関東に最も接近するのは、あす昼過ぎから、あさって(19日)明け方にかけてとみられ、関東南部では局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降りそうです。
あす(18日)午前6時までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多い所で
関東北部は100ミリ、
関東南部は120ミリ、
伊豆諸島は60ミリとなっています。
また、その後、あさって(19日)午前6時までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多い所で
関東北部と伊豆諸島は100〜150ミリ、
関東南部は100〜200ミリとなっています。
土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に注意・警戒が必要です。
また、海上では波が高くなるため、高波に注意・警戒してください。
さらに、あす(18日)は、風も次第に強まります。
あす(18日)予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
関東の陸上で、15メートル(30メートル)、
関東の海上と伊豆諸島で、20メートル(30メートル)となっています。
特に沿岸部では、物が飛んでこないか注意するとともに、家の周りの飛ばされやすい物は、きょうのうちに家の中に片づけておくなど、早めに対策するようにしてください。

交通への影響は

画像C

今週末、交通にも影響が出そうです。関東南部ではあすの未明から、関東北部でもあす午後からは、交通に影響の出るおそれがあります。また、甲信でも影響の出る可能性があります。
車を運転する場合には、大雨で見通しが悪くなるおそれがありますので十分に注意していただき、また、公共交通機関を利用する場合も、最新の情報を確認するようにしてください。