18日(土)、台風14号の影響で、東海や関東の沿岸を中心に大雨に注意。風も強まり荒れた天気になりそう。交通機関への影響も。

台風14号 近畿から東海沖へ 今夜には温帯低気圧に

台風14号は18日(土)午前5時現在、和歌山市の南西約40キロを1時間に35キロの速さで東に進んでいます。中心気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートルです。このあと近畿から東海沖へ進み、今夜には東海道沖で温帯低気圧に変わる見込みです。その後、低気圧はあす19日(日)にかけて伊豆諸島付近を通過するでしょう。

東海や関東甲信で大雨に 非常に激しい雨や激しい雨

画像B

台風の進路やその周辺にあたる近畿や東海、関東甲信は、激しい雨や非常に激しい雨が降り、大雨になる所がありそうです。19日6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、東海で250ミリ、関東甲信で180ミリ、近畿で80ミリの見込みです。短時間に一気に多くの雨が降りますので、道路の冠水や土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒や注意が必要です。

強風に注意 交通機関に影響も

また大雨に加えて、強風にも注意が必要です。西日本から東日本では海上を中心に非常に強い風が吹き、うねりを伴ってしけとなる所があるでしょう。
18日(土)に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、四国、近畿、東海で20メートル(30メートル)、波の高さは、近畿で5メートル、四国、東海、関東甲信で4メートルの見込みです。
四国や近畿、東海では何かにつかまっていないと立っていられないほどの風が吹き、車の運転も通常の速度で走行できないほどの風が吹く見込みです。屋根瓦や看板が落下したり、飛散したりすることもありますので、外出も危険です。大雨や強風で、既に交通機関に影響が出ていたり、これから影響が出てくる所もありそうです。やむを得ず外出される際は、交通機関からの情報をよく確認し、時間に余裕をもって行動するようにしてください。
また海上では強風やうねりを伴った高波に注意・警戒してください。

台風から離れた東北や北海道も大雨に

また台風が通過した九州や中国、四国は、次第に天気が回復して晴れる所が多いでしょう。近畿も昼頃に雨がやみますが、これまでの大雨で地盤が緩んでいたり、川が増水している所がありますので、土砂災害や川の増水、低い土地の浸水に警戒をしてください。
また、北陸や東北、北海道は台風から離れていても大雨に注意が必要です。日本海に発生する低気圧が発達しながら東北東へ進み、今夜にかけて、前線を伴いながら東北地方を通過する見込みです。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、断続的に雨が降り、局地的に雷を伴って激しく降る見込みです。台風から離れている地域でも大雨にご注意ください。