メイン画像

きょう21日(火)は、九州から関東は所々で雨が降るでしょう。一方、北陸から北海道はおおむね晴れる見込みです。最高気温は平年並みか高く、沖縄や九州から北陸は所々で30℃以上の真夏日になるでしょう。

夜は所々で雨

画像A

きょう21日(火)は西から前線が近づくでしょう。
九州は午前中から雨の降る所がありそうです。特に、夜は発達した雨雲がかかり、局地的に激しい雨が降るでしょう。アンダーパスなど低い道路の冠水にご注意ください。中国、四国や近畿、東海は午前中は晴れる所が多いですが、午後は雲が増えそうです。四国は昼頃から、近畿や東海は夜は所々で雨が降るでしょう。関東も午後は雲が広がりやすく、夜は沿岸部を中心に雨の降る所がありそうです。外出の際は雨具をお持ちになると安心です。
一方、北陸や東北、北海道は高気圧に覆われて、おおむね晴れるでしょう。沖縄も日差しがたっぷりと届きそうです。

最高気温は平年並みか高く 真夏日も

画像B

最高気温は、きのう20日(月)と同じくらいで、平年並みか高いでしょう。沖縄や九州から近畿は30℃以上の所が多く、厳しい残暑が続きます。東海や関東は28℃くらいで、ムシムシするでしょう。北陸はフェーン現象の影響もあり、気温が上昇。30℃以上の真夏日の所が多いでしょう。日中は半袖が活躍しそうです。こまめに水分をとるなど暑さ対策もなさってください。
東北は25℃ほど、北海道は23℃くらいの所が多くなるでしょう。