マリアナ諸島で、熱帯低気圧が台風のたまごに発達しました。熱帯低気圧は、24日(金)15時までに台風に発達し、北よりに進みながら勢力を強める見通しです。最新の台風情報に、ご注意ください。

「台風16号」発生か

マリアナ諸島では、熱帯低気圧が台風のたまごに発達しました。
熱帯低気圧は、24日(金)15時までに台風に発達する見通しで、台風になれば、台風16号になります。
台風の予報円はまだ大きく、進路の予想には幅がありますが、北よりに進みながら勢力を強め、暴風域を伴ったまま、南から日本に近づく恐れがあります。
台風の進路にあたる海面の水温は高く、台風が発達するためのエネルギー源になるため、27日(月)15時には、非常に強い勢力になる恐れがあります。
今後も最新の台風情報、気象情報に、ご注意ください。

台風が近づく前の対策 大雨に備えて

画像B

台風の接近で、事前に大雨に対して備えておくポイントは、次の3つです。
1つめは、水害に備えて、雨どいや排水溝、側溝を掃除し、水はけを良くしておきましょう。砂利や落ち葉、ゴミなどが詰まっていないかも、確認しておいてください。
2つめは、浸水による被害を防ぐため、家財道具や家電製品、食料品などは、可能な限り、高い所や2階以上へ移動させておくと良いでしょう。押し入れの下の段に入っているものは、上の段に移しておくだけでも、被害を小さくできます。
3つめは、電源のコンセントは抜いておくと良いでしょう。電源のコンセントが水につかると、漏電やショート、感電の恐れがあります。
いずれも、台風が近づいてから備えるのではなく、台風情報を確認して、早めに対策を行ってください。