台風15号(ディアンムー)は、9月24日午後3時にラオスで熱帯低気圧に変わりました。一方、台風16号(ミンドゥル)の動向には、引き続き注意が必要です。

台風15号 熱帯低気圧に

台風15号(ディアンムー)は、9月23日午後3時に南シナ海で発生しました。台風はその後、西寄りに進み、ベトナムやラオスに上陸して、24日午後3時、ラオスで熱帯低気圧に変わりました。この台風による日本への直接的な影響はありませんでした。
なお、24日午後3時現在、フィリピンの東にある別の台風「台風16号」は、来週後半に日本へ影響を及ぼすおそれがあります。まだ進路予想には幅がありますので、最新の台風情報を確認するようにしてください。