北上を続ける台風16号。今後、急速に発達し、27日(月)には「非常に強い」勢力に、28日(火)には日本の南で「猛烈」な勢力にまで発達するでしょう。今後の動向にご注意ください。

台風16号 勢力を強めながら北上

台風16号は、25日(土)午前6時現在、フィリピンの東を時速15キロの速さで北西に進んでいます。中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートルです。
今後、フィリピンの東から日本の南へ北上を続けながら、台風16号は急速に発達する見込みです。26日(日)午前6時には中心気圧は955ヘクトパスカル、さらに28日(火)午前3時には915ヘクトパスカルにまで下がるでしょう。台風の勢力も26日(日)には「強い」勢力、27日(月)には「非常に強い」勢力、28日(火)には「猛烈な」勢力と、日ごとに勢力を強めていく見込みです。

日本への影響は

画像B

台風第 16 号の北上に伴って、26日(日)には南西諸島では、波が次第に高くなるでしょう。28日(火)頃には、沖縄・奄美で大しけとなる所があり、台風の進路等によっては大荒れのおそれがあります。西日本から東日本の太平洋側にも26日(日)頃から台風のうねりが入り、波が高くなる見込みです。台風からまだ離れていても、うねりを伴った高波に注意が必要です。
さらに台風は北上を続け、29日(水)頃から30日(木)頃になると、西日本には台風周辺からの湿った空気が流れ込み、雨が降るでしょう。10月1日(金)頃にかけて台風本体の雨雲がかかり、西日本から北日本にかけて雨になりそうです。
30日(木)頃から沖縄や奄美、小笠原諸島など徐々に暴風警戒域にも入ると予想されるため、暴風や高波にも警戒が必要です。
まだ予報円も大きく、台風の進路の予想には幅がありますが、いずれにしても来週は後半を中心に、日本列島は台風の影響を少なからず受けそうです。

台風に備えて 今のうちにできることを

画像C

来週は台風の進路によっては日本列島に暴風や大雨の影響をもたらす可能性があるため、この週末のうちに、台風による暴風や大雨に備えておく必要があります。
台風の暴風が怖いのは、いざ暴風になると、身動きが取れなくなるということです。そこで、暴風に対して、事前に3つの点ついて、確認したり、備えたりしておく必要があります。
1つめは、雨どいや側溝などを掃除して、水はけを良くしておきましょう。落ち葉などで側溝が詰まって水が流れないと、道路が冠水する原因となります。
2つめは、屋外に置かれている、飛ばされやすいもの(物干し竿、鉢植え、ゴミ箱など)は、しっかり固定するか、室内にしまうなどの対策をしましょう。商店などでは、看板が飛ばされたり、自動販売機が倒れたりしないか、確認してください。
3つめは、暴風で飛ばされてきたもので、窓ガラスが割れないよう、窓は鍵をかけ、雨戸があれば閉めましょう。窓ガラスにガムテープを貼ると、風圧に耐えられるようになります。もしガラスが割れても、破片が飛び散るのを防ぐために、カーテンも閉めておいてください。