きょう(25日))の関東は、このあとも雲が多く所々で弱い雨。日中の気温は、きのう(24日)より大幅に低く、20℃を少し超える程度。今夜は朝よりもヒンヤリしそう。あす(26日)も、どんより・ひんやりが続きそうです。服装でうまく調節しましょう。

各地で気温大幅ダウン

きょう(25日)の関東は、北東風の影響で雲が多くなっています。海からの涼しい風が入り、日中の気温はきのうより大幅ダウン。正午の気温は東京都心で22.9℃と、きのう(24日)の同じ時間より7℃くらい低くなっています。今夜は今朝よりも気温が下がり、グッとヒンヤリしそうです。弱い雨の降る所もあるでしょう。日付が変わる頃には都心でも20℃を下回り、あす(26日)の朝は18℃前後まで下がる予想です。
東京都心は、きのう(24日)・おととい(23日)と2日連続で最高気温が30℃以上の真夏日でしたが、きょう(25日)は一転、25℃に届かないかもしれません。東京都心で25℃に届かないと9月9日以来、約半月ぶりです。

あす26日もどんより

画像B

あす(26日:日曜)も関東は雲が広がりやすく、すっきりしない天気となりそうです。朝の最低気温は18℃前後、最高気温も25℃を下回る所が多くなるでしょう。27日(月)〜29日(水)は日が差し、再び25℃以上の夏日の所が多くなりそうです。ただ、朝は都心でも15℃くらいまで下がり、朝と日中の気温差が10℃以上と大きくなるでしょう。

気温と服装の目安

画像C

一般的に、気温が25℃以上だと半袖で快適に過ごせますが、20℃くらいだと長袖、20℃を下回るとカーディガンなど上着が欲しくなると言われています。気温5℃で洋服1枚分違います。重ね着など、服装でうまく調節しましょう。