きょう15日(金)は、雨雲が北海道から次第に東北、北陸へと移る見込み。関東から西は、ほぼ一日晴れ。最高気温は、この時期としては高い所が多く、九州など真夏日の続く所も。

前線に伴う雨雲 今朝は北海道に 日中は東北は北陸へ移る

画像A

きょう15日(金)は、前線が北日本付近を通過。今朝、北海道では日本海側を中心に雨で本降りになっている所もあります。
北海道は、午前9時頃までは雨の所が多いでしょう。昼頃からは次第に晴れ間が広がりますが、冷たい西よりの風が強まってきそうです。
東北北部は、すでに一部で雨雲が湧いており、昼前から昼過ぎにかけて雨の所がさらに増えるでしょう。こちらも、西よりの風が強めに吹きそうです。
東北南部と北陸は、午前中は日差しが届きます。午後は雲が増えて、夕方以降は所々で雨が降るでしょう。特に雨雲がかかりやすいのは「山形県・新潟県」です。
関東から九州、沖縄にかけては、おおむね晴れるでしょう。

最高気温 平年より高い所が多い 西は30℃前後の所も 北からは次第に冷たい空気

北海道と東北北部は20℃前後の予想。平年並みか高いでしょう。ただ、次第に西よりの風が強まって、午後はヒンヤリしそうです。特に北海道では、夕方から気温が急降下するでしょう。
東北南部と北陸は23℃〜25℃くらいで、昼間は薄着で過ごせそう。こちらは、夕方以降も気温の下がり方は緩やかです。
関東以西は広く25℃を超えて、汗ばむほどでしょう。四国や九州、沖縄は、きょうも30℃前後で、真夏日の続く所もありそうです。