17日(日)から18日(月)は今季一番の強い寒気が流入。北海道の標高の高い山は積雪になる所も。急に季節が進み、気温差が大きくなりそう。

前半:16日(土)〜22日(金)

画像A

この期間、注意が必要なのは、気温差です。雨をきっかけに気温が下がるでしょう。ガラッと空気が入れ替わるのは、あす16日(土)から17日(日)にかけて降る雨。前線が通過して雨がやんだあとは、一転して冷たい空気が流れ込んできて、グッと冷えるでしょう。
17日(日)から18日(月)にかけては、北海道の上空1500メートル付近にー6℃前後、11月中旬並みの寒気(ー6℃以下:平地で降れば雪になる目安)が流れ込み、初雪となる可能性があります。また標高の高い山や峠では、積雪となる所があるでしょう。路面の凍結などにも注意が必要です。
週末は気温が急降下。あす16日(土)の東京の最高気温は26℃、17日(日)は21℃と、その差は5℃。17日(日)は雨と北よりの風が吹くため、体感温度はさらに下がりそうです。服装の目安は、昼間は半袖から、上着が必要なくらいと大きく変わるでしょう。

後半:23日(土)〜28日(木)

画像B

この時期は天気の移り替わりが早く、たびたび日本付近を低気圧や前線が通過する予想です。一時的に冷える日はありますが、27日(水)頃からは平年より気温が高い所もあるでしょう。
関東から西では、カラッとした秋晴れの日も多く、昼間は長袖のシャツ一枚で過ごせるくらいの快適な陽気に。朝晩はヒンヤリしますが、昼間は暑くもなく寒くもなく、過ごしやすいでしょう。
この先2週間は、季節が大きく前進したかと思えば、少し足踏みして、気温差が大きくなりそうです。秋服が活躍しますが、冬用の暖かい布団も、早めに出しておくと良いでしょう。