九州は、あす16日の雨を境に気温が急降下する見込みです。季節はずれの暑さが収まり、一気に晩秋並みの気温になるでしょう。気温の変化がかなり大きくなります。服装や体調管理などにお気をつけ下さい。

あす16日北風強まり、やや荒れた天気

画像A

あす16日午後、寒冷前線が九州をゆっくりと南下するため、九州北部は昼すぎから雨、九州南部は夜に雨が降るでしょう。寒冷前線が通過後は、北よりの風が強まり、夜にかけて気温が急降下する見込みです。雨や風の影響もあり、体感的にかなり肌寒くなってきますので、服装にお気をつけ下さい。
また、海上は急に波が高くなりますので、船舶は強風や高波に注意が必要です。

来週は一気に晩秋並みの気温

画像B

あす16日の雨を境に、遅れていた季節が大きく進み、来週は一気に晩秋並みの気温になる見込みです。
17日(日)は九州北部の上空1500m付近には2〜3度と、この秋一番の強い寒気が流れ込む見込みです。九州北部は最高気温が20度前後でしょう。北風がやや強く、気温以上に日中もひんやりと感じられそうです。
18日(月)以降も寒気が入りやすく、20日(水)ごろは寒気の流れ込みがやや強まる見込みです。
来週、気温は平年より低い日が多くなり晩秋並みとなるでしょう。特に、朝晩は冷え込みが強まり、最低気温は内陸部で10度を下回る所が多くなる見込みです。
これまでの季節外れの暑さから一転、低温傾向になりますので大きな気温変化にご注意下さい。来週は長袖の出番が多くなります。衣類や寝具などの衣替えを早めにすませておきましょう。