東海地方は、17日(日)の雨が止んだ後は寒気が流れ込み、気温がぐっと下がるでしょう。
その後も、しばらく平年より気温の低い状態が続く見込みです。
服装でうまく調節して、体調管理に気をつけて下さい。

東海地方 前線通過後は低温傾向が続く

画像A

きょう15日の東海地方は、各地で秋晴れとなりました。30度以上の真夏日となった所はありませんでしたが、最高気温(15時まで)は、25度以上の夏日となった所が多く、日中は汗ばむ陽気となりました。
今夜も、引き続き、安定した晴天となるでしょう。
あす16日の夜から17日(日)の明け方頃にかけては、前線が本州付近を通過する見込みです。
あす16日の東海地方は、午前中を中心に晴れ間が出ますが、午後は次第に雲が厚くなり、夜は雨が降り出すでしょう。雨は、17日(日)の明け方から朝頃までには止んで、日中は次第に広い範囲で晴れてくる見込みです。
なお、この雨の後は、強い寒気が流れ込むでしょう。17日(日)は、北寄りの風が強まり、夜はぐっと寒くなるため、少し厚手の布団を用意しておくとよさそうです。

気温変化に合わせた服装を

画像B

18日(月)以降も、寒気が入りやすく、気温の低い状態が続く見込みです。
名古屋市など平野部では、最低気温は15度以下の日が続き、最高気温も20度に届かない所が多いでしょう。また、岐阜県高山市など山間部では、最低気温は一桁の日が続き、冷え込む見込みです。また、最高気温は、15度前後の日が多いですが、10度に届かない日もあり、ぐっと寒くなる日もありそうです。
今週までの暑さから一転、一気に秋が深まり、寒暖差が大きくなります。服装指数を参考にして、その日の気温に合わせた服装でお過ごし下さい。