きょう17日(日)は、今シーズン初めて本格的な寒気が流れ込みます。北海道は雨や雪で、積雪となる所も。本州付近も午前中を中心に冷たい雨に。最高気温は北海道から関東は11月並みでしょう。

北海道は雪の所も 関東も昼頃まで冷たい雨

画像A

きょう17日(日)は、前線が日本付近を通過し、西高東低の気圧配置になるでしょう。北日本の上空約1500メートルにマイナス3℃以下の寒気が流れ込みます。
北海道は雨や雪で、標高の高い峠や山間部を中心に雪の積もる所もあるでしょう。峠越えの車は冬の装備で積雪や路面の凍結に注意してください。きょう、稚内では初雪が観測されましたが、内陸の地点を中心にそのほかの平地でも初雪となる可能性があります。
東北の日本海側から山陰にかけては午前中を中心に断続的に雨が降り、東北や北陸では雨量が多くなる所があるでしょう。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒してください。
東北の太平洋側は朝まで、関東は昼ごろまで雨が降り、北風も強まりそうです。東海から九州は朝まで所々で雨が降りますが、日中は次第に晴れ間がでるでしょう。

気温大幅ダウン

寒気が流れ込み、最高気温はきのう16日(土)より大幅に低くなるでしょう。北海道は10℃くらいで、厚手のコートが必要になりそうです。東北や北陸は15℃ほどで、空気が冷たいでしょう。金沢ではきのうより12℃も低くなりそうです。関東も冷たい北風が吹きつけて、18℃くらいまでしか気温が上がらないでしょう。11月上旬から中旬並みの予想で、日中も羽織るものが必要になりそうです。東海から九州も暑さは収まり、22℃くらいの所が多くなるでしょう。
季節が急に進み、気温の変化が大きくなりそうです。体調を崩さないよう服装で上手に調節してください。