きょう17日(日)は、上空には今季一番の寒気が流れ込んでいます。このため北海道では「初雪」を観測し、東北の山からも次々と「初冠雪」の便りが届いてます。

北海道で「初雪」

画像A

きょう17日(日)は、北海道の上空5500mにはマイナス30度くらい、11月中旬から下旬並みの寒気が流れ込みました。そのため午前3時過ぎに稚内で今シーズン全国の気象官署で最初の「初雪」を観測しました。平年より2日早く、昨年より17日早い観測です。
12時前には旭川でミゾレが降り「初雪」を観測しました。こちらは平年より2日早く、昨年より18日早い観測となります。

北海道や東北 「初冠雪」の便りが次々と

画像B

北海道や東北の山で続々と雪化粧し、「初冠雪」の便りが届きました。
(北海道)
手稲山(ていねやま)は平年より1日早く、昨年より2日遅い観測、横津岳(よこつだけ)は平年より12日早く、昨年より8日早い観測、雌阿寒岳(めあかんだけ)は平年と同じ、昨年より12日早い観測です。
(青森県)
岩木山(いわきさん)は平年より4日早く、昨年より19日早い観測、八甲田山(はっこうださん)は平年より2日早く、昨年より2日遅い観測です。
(岩手県)
岩手山(いわてさん)は平年より4日遅く、昨年と同じ観測です。
なお、初冠雪とは、山麓の気象官署から見て、山頂付近が初めて積雪などで白く見えることです。