この先2週間の北陸地方は、天気が周期的に変わる見込みです。来週の前半は日中の寒さが和らぎ、最高気温が20度くらいの日もあるでしょう。11月に入ると、朝晩は10度以下に冷え込む日が多くなりそうです。

22日(金)〜28日(木) 24日(日)は広く晴れる 寒さは和らぎ秋物の服が活躍する日も

画像A

あす22日(金)は気圧の谷や湿った空気の影響を受けるため、雲が多く、夕方から雨が降りだすでしょう。23日(土)は一時的に西高東低の気圧配置となる見込みです。午前を中心に雨が降りやすいでしょう。また、22日(金)から23日(土)にかけては上空に寒気が流れ込むため、雷を伴うおそれもありますので落雷に注意してください。24日(日)は高気圧に覆われるため、広く秋晴れとなる見込みです。25日(月)の午後から26日(火)にかけては雨の降る所があるでしょう。28日(木)も雨の降る時間帯がありそうです。
今週の北陸地方は11月並みの寒さの日が多くなっていて、23日(土)頃までは寒気の影響が続くため、寒さが続きそうです。一方、来週の前半の最高気温は20度前後で寒さが和らぎ、薄い長袖など秋物の服が活躍するでしょう。

29日(金)〜11月3日(水) 天気は周期的に変わり、朝は冷え込む日も多くなる

画像B

天気は周期的に変わる見込みです。31日(日)から11月1日(月)は広く雨が降るでしょう。この雨の後は、気温が下がり、朝の最低気温は再び10度を下回る所も多くなるでしょう。朝晩はコートが必要になりそうです。体調をくずさないよう、服装指数を参考に服を選ぶと良いでしょう。また、紅葉も一段と進みそうです。