きょう21日(木)の九州は湿った空気の影響で、雨が降っています。きのう20日(水)に噴火した阿蘇山周辺でも、雨が降りやすいでしょう。火山灰の積もっている所では、足元、車の運転に注意を。

長崎県 どしゃ降りの雨

九州では昨夜(20日)から今朝(21日)にかけて、雨脚の強まった所があります。長崎県対馬空港では、午前1時30分までの1時間に24.0ミリのどしゃ降りの雨、今朝6時30分までの6時間降水量は51.0ミリと、まとまった雨になっています。
昼前にかけては、次第に雨の範囲が広がり、正午現在、九州のほぼ全域に雨雲がかかっています。

午後も広く雨 局地的に雷雨

画像B

きょう21日(木)の午後も、九州には湿った空気に伴う雨雲がかかり、雨の降る所が多いでしょう。九州北部を中心に雷を伴って雨脚が強まることもありそうです。阿蘇市でも午後3時頃までは雨が降るでしょう。また空気はヒンヤリしたままで、日中でも気温は20度に届かないでしょう。

濡れた火山灰に注意

画像C

阿蘇山周辺では、雨の降り方は弱いものの、火山灰が積もっている所では足元が滑りやすくなることが考えられます。車もスリップしやすいため、速度を落として安全運転を心がけて下さい。気象庁の降灰予報では、上空では西からの風が吹くため、大分県側にも火山灰が降る見込みです。最新の情報に注意が必要です。