メイン画像

あす22日の関東は断続的に雨が降り、気温がほとんど上がらず、東京都心の予想最高気温は14度と、12月上旬並みとなりそうです。北風が冷たく、日中も薄手のコートや上着の手放せない一日となりそうです。

22日 都心などで12月並みの寒さ

日本付近の上空には、この時期としては強い寒気が流れ込んでいます。けさ(21日)は関東地方で、今シーズン一番の冷え込みとなった所もあり、宇都宮地方気象台からは男体山の初冠雪が観測されました。
あす(22日)も引き続き、上空には寒気が居座る予想です。また、気圧の谷や湿った空気の影響を受けるため、関東地方は、特に南部で断続的に雨が降り、気温は日中もほとんど上がらない見通しです。あすの予想最高気温は、東京都心は14度と、12月上旬並みの寒さとなるでしょう。そのほか、各地の予想最高気温は、横浜と熊谷、宇都宮は13度、水戸は14度、千葉は15度、前橋では12度など、関東地方では11月下旬から12月中旬並みの気温となりそうです。気温は朝からほとんど横ばいで、さらには、冷たい北よりの風が吹く予想です。そのため、日中でも上着や薄手のコートなどが必要となりそうです。今夜のうちに準備をしておくと良いでしょう。上着や重ね着などで暖かい装いをして、体調を崩さないようにご注意ください。

土曜日以降の気温は

画像B

上空の寒気は、月曜日(25日)くらいまで残りますが、土曜日(23日)、日曜日(24日)は関東地方は日差しが戻るため、日中の気温は20度くらいまで上がる予想です。ほぼ平年並みの気温となるでしょう。ただ、朝や夜は10度を下回る所が多く、一日のうちで気温差が大きくなりそうです。上着で上手に調節なさってください。
月曜日以降は、最高気温は20度前後の予想で、この時期らしい気温となりそうです。

気温と服装の目安

画像C

「tenki.jp」では、朝晩や日中の予想気温からどんな服装が適しているか「服装指数」を発表しています。お出かけの際の服装選びの参考になさってください。