きょう26日(火)、関東では、昼前まで局地的に雷を伴って激しい雨が降るでしょう。沿岸部では、暴風やうねりを伴う高波に警戒が必要です。午後は広く晴れて、気温が上昇。肌寒さはいくぶん和らぎそうです。

関東 午後は各地で青空 この時期らしい気温に

画像A

きょう26日(火)は、伊豆諸島付近にある低気圧が発達しながら、日本の東へ進む見込みです。
関東は、低気圧の影響で、午前中は沿岸部を中心に雨が降り、雷を伴って激しく降る所があるでしょう。また、千葉県や茨城県の沿岸部、神奈川県東部の海上では、昼前にかけて、暴風やうねりを伴う高波に警戒が必要です。
次第に高気圧に覆われるため、天気は回復に向かいます。午後は広い範囲で晴れて、風は次第に収まるでしょう。
日差しのもとで気温が上がり、最高気温はきのう25日(月)より高くなりそうです。東京都心と横浜は19℃、前橋は20℃の予想で、昼間の肌寒さは解消する見込みです。

あす27日(水)は所々でにわか雨 空気がヒンヤリ

画像B

あす27日(水)の関東は、気圧の谷の影響を受ける見込みです。晴れ間が出ますが、南部を中心に、所々でにわか雨があるでしょう。お出かけの際は、急な雨に備えて雨具があると安心です。
最高気温は、東京都心と前橋で18℃、横浜と宇都宮は17℃の予想です。きょう26日(火)より2℃前後低く、再び肌寒くなりそうです。服装選びに注意して、体調を崩さないように気をつけてお過ごしください。