きょう27日(土)も、冬型の気圧配置。関東甲信は、山沿いは雪や雨で峠は積雪や路面凍結に注意。平地は多くの所で晴れるものの、冷たい北よりの風が強まる。

27日(土) 関東甲信 各地の天気

日本付近は冬型の気圧配置。上空には、きのうよりも強い寒気が流入。
関東北部の山沿いと、長野県の北部を中心とした地域に雪雲や雨雲がかかっており、明け方には長野地方気象台から「初雪」の便りが届きました。日中から夜にかけても雪や雨が降ったりやんだりとなりそうです。峠越えの車は冬の装備をしたうえで、慎重な運転を心がけてください。なお、長野県の北部では、山沿いに限らず平地でも雪がうっすら積もってくる所や、路面の凍結する所がありそうです。
一方、関東の平地と山梨県、長野県南部・中部は大体晴れるでしょう。ただ、きのうとは違い、昼頃から広い範囲で北よりの風が強まります。空気の乾いた状態が続くうえ、風が強まりますので、火の取り扱いはいっそうの注意が必要です。

最高気温 きのうより低い 昼間も暖かい装いで

今朝の最低気温は、昨日の朝より低い所が多く、沿岸部も広く10℃を下回っています。内陸は、霜がおりたり氷が張ったりするほどです。
日中の最高気温も、昨日より低いでしょう。関東と山梨県は13℃前後の所が多く、長野県は5℃〜8℃くらいの所が多い予想です。
各地、北よりの風が強まって、体感温度はさらに下がりますので、昼間も暖かい服装を心がけてください。