きょう27日は強い寒気の影響で、北海道や東北の山沿いを中心に積雪が増え、青森県八甲田山系の酸ヶ湯と北海道幌加内町の朱鞠内で積雪98センチを観測。今シーズン全国のアメダスで最も多くの雪が積もりました。あす28日の朝にかけても雪が続く見込みで、更に積雪が増える恐れがあります。

豪雪地帯でも11月としては珍しい積雪の多さ

画像A

きょう27日は西高東低の冬型の気圧配置となり、上空の寒気が強まっているため、北海道の内陸や東北の山沿いを中心に積雪が増えました。
青森県八甲田山系の酸ヶ湯は正午に積雪98センチを記録。写真はちょうどその頃の酸ヶ湯の様子ですが、道の両側や屋根の上には多くの雪が積もり、木や街頭が埋もれてきています。
豪雪地帯で知られる酸ヶ湯ですが、11月中にここまで積雪が増えるのはあまりないことです。過去10年でみると、2017年に124センチを観測していますが、それ以外の年は90センチを超えたことはありません。
また、北海道上川地方の幌加内町朱鞠内でも午前4時に98センチを記録。こちらも11月としては珍しい積雪の多さとなっています。
酸ヶ湯や朱鞠内のほかにも北海道の内陸部や東北の山沿いは平年を上回る積雪の所が多くなっています。

あす28日朝にかけて積雪増加の可能性

画像B

今夜からあす28日の朝にかけては上空に強い寒気が居座るため、きょう積雪が増えた北海道の内陸部や東北の山沿いでは更に積雪の増える所がありそうです。
あすの日中は雪のピークを過ぎますが、これだけ雪が積もっていると、屋根から急に雪が落ちてきたり、斜面の雪が崩れ落ちることも考えられます。北海道や福島県には一部になだれ注意報も発表されています。斜面の近くや家の軒先などは十分ご注意ください。

雪下ろし中の事故にも注意

画像C

あす28日の日中は上空の寒気が弱まり、日本海側の雪や雨も日中は弱まる所が多くなりそうです。積雪が増えた後に天気が回復するので、除雪作業をされる方も多いかもしれません。
除雪中の事故を防ぐために、はしごをしっかり固定して、2人以上で声を掛け合うようにしてください。また、日差しが出たり気温が上がる場合は、軒先のつららがとけて落ちることがあるので注意が必要です。シーズン初めの除雪作業で、事故がないようしっかり気を付けたいですね。