マリアナ諸島には熱帯低気圧があります。今後、台風に発達する予想で、台風となれば21号となります。

台風21号発生か

きょう30日午前6時、マリアナ諸島に熱帯低気圧があります。南の海上の海面水温はまだ高く、この熱帯低気圧は発達して、台風になる予想です。台風となれば、21号となります。
この熱帯低気圧は台風に変わり、フィリピンの東を北上、次第に進路を東よりに変えて、小笠原近海へ進むでしょう。小笠原諸島では1日(水)から雨が降りやすく、雨脚の強まることもありそうです。また、海上はうねりを伴って波が高いでしょう。
最新の台風情報にご注意ください。

今年の台風の発生数 今のところ 平年より少ない

画像B

上の図は平年の台風発生数です。上の図の通り、台風の発生は8月と9月がピークですが、11月、12月になっても発生します。今年の11月はまだ台風は発生しておらず、21号が発生しても平年より少なくなりそうです。なお、台風の年間の平均発生数は25.1個で、年間を通してみても、今年は今のところ台風の発生は少なくなっています。