きょう30日、九州は寒冷前線の通過で荒れた天気になるでしょう。落雷や竜巻などの激しい突風、急な激しい雨にご注意下さい。夜は気温が大きく下がり、あす12月1日は冬型の気圧配置で、今季一番の強い寒気が流れ込む見込みです。

30日午後 荒れた天気

画像A

九州は、西から活発な雨雲が近づいており、すでに長崎県などで雨が降り始めています。
きょう30日、低気圧が発達しながら日本海へ進み、寒冷前線が夜の初め頃にかけて九州を通過するため、九州は大気の状態が非常に不安定になる見込みです。
午後は九州各地で雨が降り、雷を伴い激しい雨が降る所があるでしょう。落雷や竜巻などの激しい突風、雨の降り方にご注意下さい。
また、南よりの風が強く吹く所があり、前線通過後は西よりの風が強まるでしょう。海上は急速に波が高くなり、しける所もありますので、船舶は注意が必要です。
前線通過後、今夜は気温が大きく下がってきますので服装にもお気をつけ下さい。

12月は強い冬型でスタート

画像B

あす12月1日は、冬型の気圧配置が強まり、九州北部の上空1500メートル付近に約-6度と今季一番の強い寒気が流れ込む見込みです。
九州は、寒気の低い雲が広がりやすく、一時冷たい雨がぱらついたり、山沿いは雪がちらつく所があるでしょう。ただ、降っても降水量は少ない見込みです。
また、冷たい季節風が吹いて、一気に年末ごろの寒さになる所が多いでしょう。きょうの雨を境に大きく気温が下がりますので、体調管理にお気をつけ下さい。

4日(土)まで低温続く

画像C

週末にかけて、九州は強弱を繰り返しながら寒気が流れ込む見込みです。4日(土)にかけて気温は平年を下回り、低温傾向が続くでしょう。朝晩の冷え込みも強く、山沿いは氷点下になる所もある見込みです。
来週になると、寒気の流れ込みが弱まり、暖かい空気が入りやすくなるため、高温傾向に変わり、日中は過ごしやすい日が多くなりそうです。
(*なお、4〜5日は当初の予想より寒気の流れ込みが弱まる予報に変わり、平野部の初雪の可能性はなくなっています。)