きょう2日、冬型の気圧配置が強まっており、北海道や東北を中心に荒れた天気となっています。北海道や東北の沿岸部で最大瞬間風速30m/sを超す風が観測されました。

荒れた天気

きょう2日は冬型の気圧配置が強まっており、北海道や東北を中心に荒れた天気となっています。
最大瞬間風速は山形県酒田市の飛島で36.4m/s(2時40分)、北海道えりも岬で35.0m/s(2時28分)、増毛町で30.3m/s(0時48分)、新潟県佐渡市両津で30.6m/s(3時34分)を観測しています。

荒天いつまで?

北海道ではきょう2日の夕方まで西の風が非常に強く吹き、海は大しけでしょう。また、日本海側では猛ふぶきや吹きだまりとなる所がありそうです。暴風や高波、猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害に警戒してください。また、日本海側では、昼過ぎにかけて雪の降る量が多くなる所があるでしょう。大雪による交通障害にも注意が必要です。
東北の荒天のピークは次第に越えますが、夕方にかけて風の強い状態は続きそうです。