台風21号は、きょう3日午前3時に「非常に強い」勢力になりました。あす(4日)は、暴風域を伴いながら父島など小笠原諸島に接近。小笠原諸島では、次第に雨や風が強まり、警報級の大雨や高波の恐れがあるため警戒が必要です。

台風21号 あす4日 小笠原諸島に接近の恐れ

画像A

台風21号(ニヤトー)は、3日3時に「強い」勢力から「非常に強い」勢力に発達しました。
3日6時現在、日本の南を1時間に30キロの速さで北東へ進んでいます。中心気圧は950hPa、中心付近の最大風速は45メートルで、暴風域を伴っています。
台風21号は、あす(4日)未明から昼前にかけて、小笠原諸島に接近する恐れがあります。小笠原諸島では、今夜(3日)から次第に雨や風が強まり、海上はしけるでしょう。
あす(4日)にかけて、前線や台風周辺の発達した雨雲がかかるため、警報級の大雨や高波になる可能性があります。
土砂災害に注意・警戒し、河川の増水や落雷・突風に注意して下さい。

今年の台風

画像B

今年の台風は、12月2日までに21個発生、上陸数は3個。平年の発生数は25個くらいなので、今年は発生数が平年より少ないペースとなっています。上陸数は平年並みです。