今夜からあす5日の朝にかけては上空の寒気の影響で、北日本の日本海側では雪が強まり、積雪が急増する所がありそうです。また、北陸には雨雲が次々と流れ込んで、局地的に大雨となる恐れがあり、土砂災害などに注意が必要です。ただ、来週は全国的に気温が高い傾向です。

北海道や東北は積雪急増か

画像A

今夜からあす5日の朝にかけては上空に強い寒気が入るため、北海道や東北では断続的に雪が降る見込みです。特に北海道の日本海側や青森県では積雪が急に増える所もあるでしょう。風も強く、ふぶく恐れもあります。夜間は路面の状況が確認しづらいので、車の運転などは十分な注意が必要です。
あすの日中は雪が弱まって次第に天気が回復するものの、気温は低い予想です。北海道では最高気温が0度未満の真冬日の所もありそうです。引き続き路面の凍結にはご注意ください。日かげや橋の上、トンネルの出入り口付近などは凍結しやすい場所なので、慎重な運転を心がけましょう。

北陸は今夜にかけて大雨の恐れ

画像B

北陸では今夜にかけて雪ではなく雨の降る所が多いでしょう。雨雲レーダーを見ると北陸には日本海から次々と雨雲が流れ込み、すでに雨量が多くなっている所があります。新潟県や福井県では一部で土砂災害の危険度が高まっています。
今夜遅くまでは雨が降り続き、更に雨量が増える見込みです。土砂災害や川の増水などには引き続き十分な注意が必要です。また、発達した雨雲の近くではカミナリを伴うこともあるので、落雷や突風、雹などにもご注意ください。

来週は気温アップ 各地で暖かく

画像C

あす5日の日中は晴れる所が多いですが、最高気温は全国的に平年並みか平年を下回り、空気が冷たく感じられそうです。
ただ、あさって6日からは、北海道で最高気温が平年を大幅に上回る日が多くなるでしょう。積雪の多い所では屋根からの落雪や除雪中の事故にご注意ください。東北から近畿は週の半ばに一時的に冷たい雨が降るものの、晴れて暖かい日が多いでしょう。
来週は最低気温も全国的に平年より高い所が多く、朝の冷え込みも緩みそうです。