きのう4日(土)からきょう5日(日)にかけて、トカラ列島近海を震源とする地震が多くなっています。ここ24時間(2021年12月4日13時00分〜2021年12月5日13時00分)で、トカラ列島近海を震源とする震度1以上の地震は90回を超えています。

ここ24時間の地震回数

上の図は、全国で、ここ24時間に震度1以上を観測した地震の震央を示したものです。ここ24時間(2021年12月4日13時00分〜2021年12月5日13時00分)で、震度1以上の地震を観測したのは101回、そのちトカラ列島近海を震源とする地震は90回を超えています。

震度3以上も9回

画像B

きのう4日(土)からきょう5日(日)にかけて、トカラ列島近海を震源とする地震が頻発しています。きのうから震度1以上の地震が90回を超えて、震度3以上の揺れも9回となっています。
5日(日)11時14分頃には鹿児島県の十島村で震度4を観測しています。いずれの地震も津波の心配はありませんでした。
また、3日(金)には山梨県東部・富士五湖や紀伊水道を震源とする地震が発生し、最大震度5弱を観測しました。いつ発生するかわからない地震に備えて、日頃から身の回りの安全を確保するようにしておくことが大切です。

緊急地震速報が発表されたら

画像C

地震はいつ発生するかわかりません。緊急地震速報が発表されたら、落ち着いて、身の安全の確保をしましょう。
室内にいる場合は、扉を開けて、机の下に隠れましょう。屋外にいる場合は、周囲の危険なものから離れて、頭を守ることが大切です。ブロック塀が崩れたり、看板が落ちてくることも考えられます。エレベーターの中でも慌てず、すべてのフロアのボタンを押すなどしてください。

非常用グッズの確認をする

画像D

万が一に備えた非常用グッズをリュックにまとめておきましょう。非常用グッズの使用期限や消費期限は定期的に確認しましょう。避難時に必要なものは、日頃からリスト化しておくと便利です。
地震による停電や通信回線が集中してもいち早く正しい情報を入手できるようにしておくことが大切です。情報をいつでも入手できるように、電池式のラジオを用意しておきましょう。緊急警報放送に対応しているラジオは、緊急時に自動的に電源が入るようになっています。