21日(金)にかけて寒波襲来。寒気の流れ込みのピークはあす18日と20日頃となりそう。山沿いを中心に大雪に警戒を。

寒気のピークは2回

今週は再び寒波襲来。寒気の流れ込みが強まるタイミングは2回あり、18日(火)と20日(木)頃が寒気のピークとなるでしょう。
あす18日(火)午前9時には、上空1500メートル付近でマイナス6℃以下(平地で降れば雪になる目安)の強い寒気が本州をすっぽりと覆います。20日(木)頃はさらに空高い所、上空5000メートル付近でマイナス36℃以下(平地で大雪になる目安)の強い寒気が、北陸付近まで流れ込むでしょう。雪雲が発達しやすい条件がそろいます。

あす18日 雪の予想

画像B

あす18日(火)は強い冬型の気圧配置に変わり、日本海側は広く雪が降るでしょう。北陸の山沿いを中心に雪の降り方が強まり、大雪となりそうです。太平洋側にも雪雲が流れ込み、近畿や東海の平野部でも雪のちらつく所があるでしょう。東北の太平洋側や北海道のオホーツク海側も、急に積雪が増える所もありそうです。
また風が強く、ふぶいて見通しがきかなくなることも考えられます。道路の通行止めや交通機関の運休など、大雪や路面の凍結などによる交通の乱れに警戒してください。海上では大しけになる所もあり、高波に警戒が必要です。

雪・厳しい寒さが続く

画像C

21日(金)にかけて、冬型の気圧配置が続く見込みです。山陰から北海道の日本海側は断続的に雪の降り方が強まるでしょう。気温が低いため、さらに雪が積もりそうです。屋根からの落雪やなだれには十分注意してください。
太平洋側は日差しがあっても、厳しい寒さが続きます。雪が降る仙台では、朝晩は氷点下の冷え込みになるでしょう。路面の凍結にも注意が必要です。東京の最高気温は8℃くらいで、北よりの風が強く吹くため、実際の気温よりも寒く感じられるでしょう。22日(土)は強い風は収まりますが、気温は低いままです。足元からしっかり防寒をしてください。