関東では、今日23日の夜遅くから明日24日の未明にかけて冷たい雨や雪が降る予想です。東京都内でも多摩西部を中心に積雪となる所があるでしょう。東京23区では、積雪とはならない見込みですが、路面の凍結に注意。

東京都多摩西部で積雪の恐れ

本州の南に前線がのび、九州から東海にかけて広く冷たい雨や雪が降っています。
このあと、関東にも雨や雪のエリアが広がるでしょう。関東では、今日23日の夜遅くから明日24日の未明にかけて冷たい雨や雪が降る予想です。
東京都内でも気温の下がりやすい、多摩西部を中心に積雪となる所があるでしょう。今日23日18時から明日24日18時までに予想される24時間降雪量は、多摩西部の多い所で2センチの見込みです。道路でもうっすらと雪の積もる所があるでしょう。車の運転は路面状況の変化にご注意ください。
東京23区では、積雪とはならない見込みですが、予想より気温が低くなった場合には積雪となるおそれもあります。積雪にはならなくても、冷え込み、路面の凍結する所がありますので、注意が必要です。
明日24日の日中は天気が回復し、次第に晴れるでしょう。

路面の凍結 特に注意すべき所は

画像B

雪や雨が降って濡れた路面は、気温が下がると、凍結してしまいます。中でも、路面の凍結に注意が必要なのは、次の4か所です。
①橋や歩道橋の上は、地面の熱が伝わりにくく、風通しが良いので、凍結しやすくなります。
②トンネルの中と外では、路面状態が大きく違うことがあります。トンネルの出入り口では路面の凍結により、急にハンドルを取られないよう、十分、スピードを落として運転しましょう。
③交差点やカーブも、近づく前に、十分にスピードを落とすことが大切です。ハンドルを切ったまま、ブレーキを踏むと、とても滑りやすくなります。また、加速する時も、交差点やカーブを曲がり切ってから、アクセルを踏みましょう。
④日陰は、いったん路面が凍結すると、完全にとけるまでに時間がかかります。建物の北側など、日陰になりやすい道を通る際は、十分にお気をつけください。