冬型の気圧配置になり、今週末は北日本を中心に寒気が流れ込むでしょう。北海道の日本海側から北陸は雪の降り方が強まりそうです。太平洋側も真冬の寒さでしょう。

寒気流入

27日(木)以降は冬型の気圧配置になるでしょう。北日本を中心に寒気が流れ込んできそうです。今回の寒気の底は、29日(土)から30日(日)で、北海道の上空5500メートル付近にはマイナス40℃以下の寒気が入るでしょう。(一般的に、上空5500メートル付近の気温がマイナス36℃以下になると、大雪の目安といわれます。)また、東北北部の上空1500メートル付近にはマイナス15℃以下の寒気が入り、年末年始頃に入ってきた寒気と同程度の強さとなりそうです。
北海道と東北の日本海側、北陸は断続的に雪が降り、29日(土)から30日(日)頃は降り方が強まるでしょう。積雪が急に増える恐れがありますので、交通機関への影響にご注意ください。
太平洋側は晴れる日が多い見込みです。ただ、30日(日)は本州の南を進む低気圧の影響で、雲が多くなるでしょう。今のところ、低気圧は本州から離れて通るため、雨雲は海上が中心ですが、低気圧の動きによっては太平洋側で雨や雪が降る可能性もあります。最新の気象情報にご注意ください。

真冬の寒さに逆戻り

最高気温は、北海道から北陸では、今週末から平年より低い日が多くなるでしょう。特に、30日(日)頃が寒さの底で、札幌でマイナス5℃以下、東北と北陸は5℃に届かない所が多く、厳しい寒さになりそうです。
関東から九州は平年並みの日が多く、今週末は広く最高気温が10℃に届かないでしょう。北風が吹いて、いっそう寒く感じられそうです。しっかりと寒さ対策をしてお過ごしください。朝は市街地でも0℃前後まで下がり、氷が張るような冷え込みになる所もあるでしょう。