関東は週末からは厳しい寒さが戻り、万全の防寒対策が必要です。また、来週月曜日は、関東南部で一時的に雪が降りそうです。

関東 週末はまた厳しい寒さに

関東地方ではきょう(27日)、最高気温が12度くらいとなった所が多く、厳しい寒さは少し緩みました。ただ、あす(28日)以降はまた上空に寒気が流れ込み、あさって(29日)からは日中も10度に届かない厳しい寒さが続きそうです。特に、来週月曜日(31日)は、一段と寒さが厳しさを増すでしょう。最高気温は、東京や千葉は平年よりも3度ほど低い7度の予想で、各地で平年よりも低い気温となりそうです。

関東南部の沿岸では雪も

あす(28日)・あさって(29日)は、日本付近は冬型の気圧配置で、関東の平野部では大体晴れる見込みです。日曜日(30日)になると、日本の南の海上に前線や低気圧が発生し、関東は湿った空気の影響を受けるため雲が多くなるでしょう。日曜日の夜から月曜日(31日)の明け方ごろにかけては、関東南部の沿岸で雨雲(雪雲)がかかりそうです。上空約1500メートルにはマイナス6度以下の寒気が流れ込む予想のため、降れば雪となるでしょう。現時点の予想では、雪は関東南部の沿岸の一部に限られ、また量が多くないため雪は舞う程度とみられ、交通などへの大きな影響はない見込みです。ただ、夜間ですので、月曜日の朝は路面が凍結しているおそれがあり、注意が必要です。
火曜日以降は、関東は晴れますが、宇都宮や前橋では一時的に雪雲や雨雲がかかり、平地でも雪の降る所がありそうです。

路面の凍結 特に注意すべき所は

画像C

雪や雨が降って濡れた路面は、気温が下がると、凍結してしまいます。中でも、路面の凍結に注意が必要なのは、次の4か所です。
① 橋や歩道橋の上は、地面の熱が伝わりにくく、風通しが良いので、凍結しやすくなります。特に、ふぶいている時は、他の所よりも風が強く、視界が悪いうえに、凍結しやすいので、かなり危険です。
② トンネルの中と外では、路面状態が大きく違うことがあります。トンネルの出入り口では路面の凍結により、急にハンドルを取られないよう、十分、スピードを落として運転しましょう。
③ 交差点やカーブも、近づく前に、十分にスピードを落とすことが大切です。ハンドルを切ったまま、ブレーキを踏むと、とても滑りやすくなります。また、加速する時も、交差点やカーブを曲がり切ってから、アクセルを踏みましょう。
④ 日陰は、いったん路面が凍結すると、完全にとけるまでに時間がかかります。建物の北側など、日陰になりやすい道を通る際は、十分にお気をつけください。