6月のスタートは晴れる所が多いですが、週後半になると曇りや雨の日が増えてくる見込みです。梅雨がだんだん近づいていることを感じられるようになりそうです。また、この先も夏のような暑さになる所があり、暑さ対策も欠かせません。

画像A

この先は前線や低気圧の動きに注意が必要です。あす30日月曜日は、梅雨前線が北上する影響で西から天気が崩れ、31日火曜日は雨の降る所が多くなる見込みです。

特に、あすは低気圧や前線の近づく九州や四国で、激しい雨や雷雨となる可能性があります。

6月1日水曜日は一旦前線が南下して天気の回復する所が多いですが、2日木曜日は再び、本州の南に前線が北上、低気圧が発生します。その後も、低気圧に近い関東や東北で傘の出番がありそうです。

画像B

あす以降、日ごとの気温の変化が大きくなる所がありそうです。

特に東京は、日が差すと気温が25℃を超えて汗ばむ陽気となる一方、雲が増える次の週末は気温が下がる予想です。

また、福岡は週後半に最高気温30℃以上の真夏日が続く見込みです。熱中症など体調の管理にご注意ください。

沖縄は梅雨空戻る

沖縄は、あす30日は晴れますが、あさって31日以降は梅雨空が戻りそうです。しばらくは梅雨前線が停滞して、雨の日が続く見込みです。

低気圧や前線の動きによっては、週の中頃を中心に雨の量が多くなり、大雨となるおそれがあるため注意が必要です。

梅雨入りは目前に

そろそろ6月に入り、九州や本州でも雨を意識する季節に入っていきます。平年だと、九州から関東は6月上旬に順次梅雨入りになりますが、今年も同じ傾向となりそうです。

この先もだんだんと雨の降る日が増えてくる見込みで、今のうちに雨への備えをしておいた方が良さそうです。