あす29日(水)は、九州から東北南部まで晴れて、猛烈な暑さが続くでしょう。関東内陸部では40℃予想も。日中の気温が上がる時間帯は外出を避けるなど、熱中症に厳重に警戒してください。

気温が上昇しやすい天気図

画像A

あす29日(水)は、北海道付近に前線や低気圧が位置し、太平洋高気圧が西と北に勢力を強める見込みです。
高気圧のふちをまわるように南西風が吹き、南西風によるフェーン現象が起こりやすい所ほど気温が上がる見込みです。

九州から東北南部にかけて広い範囲で晴れて、所々で最高気温が35℃以上の猛暑日になるでしょう。
特に、関東甲信や東北南部太平洋側、東海で気温が上昇しやすい見込みです。

歴史的な暑さ とどまらず

画像B

関東甲信は広い範囲で最高気温が35℃以上の猛暑日となり、きょう28日(火)より更に気温の上がる所もあるでしょう。
栃木県佐野市で40℃、前橋市や甲府市で39℃の予想です。

東京都心はきょう28日(火)も猛暑日が続きましたが、東京都心で6月に4日連続の猛暑日が観測されたのは、初めてのことです。
あす29日(水)も35℃の予想で、6月としての連続猛暑日の記録を更新するかもしれません。
名古屋市は3日連続の猛暑日となり、多治見市で37℃の予想です。危険な暑さとなりますので、暑い時間帯は外出を避けるなど熱中症に厳重に警戒してください。

東北の太平洋側も晴れて気温がぐんと上がり、福島市34℃、仙台市、山形市33℃の予想です。
きょう28日(火)、気象庁は九州北部、中国、四国、近畿、北陸が梅雨明けしたとみられると発表しました。東北南部の梅雨明けの発表も近そうです。

広い範囲で危険な暑さとなる中、東京電力エリアでは、「電力需給ひっ迫注意報」を継続して発表しています。
暑い時間帯には、適切に冷房を使用し、定期的に水分補給を心がけるなど熱中症にくれぐれもご注意ください。使用していない部屋の電気やテレビを消すなど、できる限りの節電を無理なくお願いします。

熱中症の応急処置

画像C

熱中症は、できるだけ予防したいものですが、万が一、症状が疑われる場合は、次のような応急処置が必要です。

まずは、涼しい場所へ移動しましょう。冷房の効いた部屋や、屋外では風通しのよい日陰で、できるだけ早く、体を冷やしてください。
衣服を緩めて、体から熱を逃がしましょう。体温を下げるためには、冷やした水のペットボトル、氷枕などを使って、両側の首筋や、わきの下、足の付け根を冷やすと効果的に体温を下げることができます。
水分と塩分を補給しましょう。冷たい水を、自分で持って飲んでもらうと、体にこもった熱を奪うだけでなく、水分補給もできます。また、経口補水液やスポーツドリンクを飲めば、汗で失われた塩分も適切に補えます。
ただ、吐き気を訴えたり、意識がなかったりするなど、自分で水分を摂ることができない場合は、口から水分を補給するのは禁物です。すぐに病院へ運んでください。