台風4号は今夜(2日)〜あす(3日)明け方にかけて、沖縄本島地方や奄美地方に最接近する予想。九州南部など西日本も週明けにかけて警戒を。

台風4号 進路予想

台風4号は、きょう2日午前6時現在、南大東島の南約200キロの海上を、1時間に25キロの速さで北北西に進んでいます。中心気圧は998hPa、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルとなっています。

このあとも北よりに進み、今夜からあす3日の明け方にかけて沖縄本島地方と奄美地方に最接近する予想です。4日(月)から5日(火)は、九州に接近するおそれがあります。

その後、台風4号は進路を東よりに変えて、7日(木)には熱帯低気圧に変わる見込みです。ただ予報円が大きく、進路が定まっていません。いずれにしても、九州から東北にかけては、週明けにかけて影響を受けるでしょう。低気圧に変わっても、本州付近には暖かく湿った空気が流れ込むため、西日本を中心に大雨になるおそれがあります。最新の情報を確認してください。

沖縄や奄美 大荒れに

画像B

沖縄県の南大東島周辺では、すでに雨や風が強まっています。これから台風が接近する沖縄本島や奄美でも、急に状況が悪化するでしょう。沖縄や奄美では、あす3日にかけて非常に強い風が吹き、海はうねりと伴って大しけとなりそうです。台風本体の発達した雨雲がかかり、滝のような非常に激しい雨が降る所もあるでしょう。

また九州南部は宮崎県を中心に昼頃から雨が降りそうです。あす3日にかけては雷を伴った激しい雨が降り、大雨になる所があるでしょう。

風・波・降水量の予想

画像C

【風の予想】あす3日にかけて
最大風速(最大瞬間風速)
沖縄 23メートル(35メートル)
奄美 20メートル(30メートル)

【波の高さ】あす3日にかけて
沖縄・奄美 6メートル

高波に警戒し、強風に注意してください。
台風が予想よりも発達した場合は、暴風となるおそれもあります。

【24時間降水量】(多い所)
あす3日午前6時まで
沖縄・奄美 150ミリ
九州南部 120ミリ

あさって4日午前6時まで
九州南部 200〜300ミリ
沖縄・奄美 100〜150ミリ

土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒・注意してください。
また、沖縄では、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。