台風4号は5日(火)には九州にかなり接近し、上陸する恐れがあります。台風周辺の湿った空気が流れ込むため、台風の接近前から太平洋側を中心に活発な雨雲がかかるでしょう。非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。

台風4号の進路

台風4号は2日(土)23時頃、沖縄本島付近を通過しました。台風は4日(月)にかけて東シナ海を北上し、5日(火)には九州にかなり接近し、上陸する恐れがあります。

その後の予報円はまだ大きく進路の予想や進む速度に幅があるような状況ですが、台風が予報円の中心を進めば、四国から本州の南岸沿いを進む予想です。台風周辺の湿った空気が流れ込むため、台風の接近前から太平洋側を中心に活発な雨雲がかかるでしょう。

九州・四国でも大雨の恐れ

画像B

沖縄は3日(日)も風が強く、波の高い状態が続くでしょう。活発な雨雲がかかり、雨量が多くなる恐れがあります。

奄美や九州、四国は台風周辺の湿った空気が流れ込み、4日(月)にかけて非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。5日(火)は台風本体の雨雲がかかり、さらに雨量が多くなるでしょう。

4日(月)6時までに予想される24時間雨量は、多い所で
九州南部:120ミリ
沖縄地方、奄美地方、四国地方:100ミリ
九州北部地方:80ミリ

その後、5日(火)6時までに予想される24時間雨量は、多い所で
九州南部、九州北部地方、四国地方:100〜200ミリ
奄美地方:50〜00ミリ

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意してください。また、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要です。風も強まり、海上では波が高いでしょう。海岸付近には近づかないようにしてください。

太平洋側を中心に雨量が多くなる恐れ

画像C

近畿や東海、関東など太平洋側を中心に台風周辺の湿った空気が流れ込み、5日(火)にかけて激しい雨の降る所があるでしょう。台風が接近する前から注意が必要です。6日(水)から7日(木)は台風の進路によっては大雨となる恐れがあります。最新の台風情報にご注意ください。

台風シーズンに 日頃から備えを

画像D

台風シーズンに入りました。台風が近づくと、大雨や暴風、高潮により、広範囲で重大な災害が発生する可能性があります。十分な対策を行って、台風の接近に備えるようにしましょう。

①ハザードマップや避難場所の確認をしましょう。
国土交通省や各自治体のホームページなど、インターネットからハザードマップを入手することが可能です。ハザードマップは随時更新されますので、定期的に確認するようにしましょう。ハザードマップを確認して、家の周辺で浸水(河川浸水・高潮浸水など)の可能性がある場所や、土砂災害(崖崩れ・土石流・地すべりなど)の危険性の高い場所を把握してください。また、避難場所(指定緊急避難場所)を確認しておきましょう。避難場所は災害の種類によって異なります。「浸水や土砂災害の場合の避難場所」をしっかり確認するようにしましょう。避難場所までの避難経路を知り、河川が増水した場合や高潮・高波でも安全に避難できるか確認しましょう。

②非常用グッズの確認をしましょう。
万が一に備えた非常用グッズをリュックにまとめておいてください。懐中電灯などの電池が切れていないか確認しておきましょう。万が一の断水に備えて、飲料水やトイレなどの生活用水の確保をしてください。生活用水の確保は、浴槽に水を張っておくとよいでしょう。