あす4日は、九州や四国は次第に台風4号の影響を受ける見込みです。また、台風から離れた地域でも大気の状態が不安定で、西・東日本の太平洋側を中心に、激しい雨や雷雨のおそれがあります。

九州や四国は活発な雨雲かかる

画像A

台風4号は、あすになると次第に進路を東に変え、九州へと向かうおそれがあります。

すでに九州南部や四国には台風周辺の雨雲がかかっていますが、台風の東進に伴って、あすは台風本体の活発な雨雲がかかりはじめます。

また、南から東寄りの湿った空気の影響で、宮崎県や高知県を中心に雨の量が多くなる可能性があります。土砂災害や川の増水などに警戒が必要です。

なお、九州は雨に加えて風も強まり、海は時化る見込みです。海岸では高波にも注意して下さい。

近畿や東海も激しい雨注意

画像B

台風から比較的距離のある地域も、台風周辺からの暖かく湿った空気の影響を受ける見込みです。

奄美地方や、近畿や東海など太平洋側の地域を中心に雨が降り、局地的に雷を伴って激しく降るおそれがあります。関東も雨が降りやすく、折り畳みの傘があると安心です。

なお、日差しが少なく猛烈な暑さはようやく和らぐものの、湿度が高く蒸し暑くなります。熱中症対策は引き続き、十分に行ってください。

北日本は変わりやすい

画像C

東北と北海道は日の差すところがありますが、上空の寒気の影響で、大気の状態が不安定になります。午後を中心に、急な激しい雨や雷雨となる可能性があるため、空模様の急な変化に注意してください。

また、気温は平年よりも高い状態が続き、日中は厳しい暑さとなる所があります。暑さ対策も欠かせません。