台風4号は、あす5日には九州にかなり接近して上陸するおそれ。その後、進路を東よりに変える予想。すでに、太平洋高気圧のフチをまわる湿った空気の影響で広く雨となっており、台風の東進に伴いさらに雨が強まる見込み。

台風の進路

台風4号は、きょう4日午後3時現在東シナ海にあって北北東へ進んでいます。中心の気圧は996hPa、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルです。
あす5日には九州にかなり接近して上陸するおそれがあり、その後、西日本を通過。6日には東海や関東付近へ進んで温帯低気圧に変わる見込みです。
この台風はあまり発達していないため、風の影響はそれほど大きくならないでしょう。ただ、大雨には注意・警戒が必要です。

すでに広く雨 台風(または温帯低気圧)接近で湿った空気の流入強まる

画像B

太平洋高気圧のフチをまわるように流れ込む湿った空気の影響で、きのう3日からきょう4日にかけてあちらこちらで雨が強まり、すでに地盤の緩んでいる所があります。

台風(温帯低気圧)が近づくことで、上の図のように湿った空気の流入が増強されます。南側にひらけた斜面を中心に、雨雲がさらに発達するでしょう。土砂災害の危険度が高まる地域もありそうです。低い土地が浸水したり、川や用水路が急に増水するおそれもあります。

各地への影響

台風の影響を強く受けるのは、九州と四国。
九州、四国ともに、5日は広く雨で、夕方までをピークに雨脚が強まるでしょう。道路が一気に川のようになるほどの非常に激しい雨の降る所もありそうです。また、九州はほぼ一日、四国では昼頃から、沿岸部で風の強く吹く所があり、波が高まるでしょう。

中国地方と近畿、東海も、5日は断続的に雨。特に近畿南部・中部、東海では、午前、午後ともに所々で激しく降りそうです。
関東は、5日の昼前までは、雨は局地的ですが、午後は次第に雨の範囲が広がります。5日夜から6日の午前にかけて、沿岸部を中心に雨脚が強まり、激しく降る所もあるでしょう。
北陸や東北、北海道は、5日と6日も所々で雨や雷雨。台風から変わる温帯低気圧の動きによっては、東北太平洋側では6日後半から7日にかけて雨の範囲が広がり、降り方が強まる可能性もあります。