台風4号は、まもなく長崎県に上陸する見込みです。その後、西日本を進み、あす6日(水)未明には温帯低気圧に変わる見込みです。台風周辺の湿った空気が流れ込むため、九州から東海にかけて大雨となる恐れがあります。土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

台風4号 まもなく九州に上陸の恐れ

台風4号は、5日(火)午前3時には東シナ海にあって、長崎市の西約50キロにあって、1時間におよそ20キロの速さで北北東へ進んでいます。中心の気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルとなっています。

台風は、まもなく長崎県に上陸する見込みです。その後、西日本を進み、あす6日(水)未明には温帯低気圧に変わる見込みです。台風周辺の湿った空気が流れ込み、西日本の太平洋側を中心に、局地的に激しい雨が降っており、土砂災害の危険度が非常に高まっている所があります。

九州から東海で大雨 土砂災害や低い土地の浸水に警戒

画像B

台風の北上に伴い、台風周辺の湿った空気が流れ込み、すでに西日本の太平洋側を中心に激しい雨が降っている所があります。

九州から東海では、あす6日(水)にかけて局地的に滝のような非常に激しい雨が降り、大雨となる見込みです。

6日(水)午前6時までに予想される24時間雨量は、多い所で
四国地方、近畿地方:250ミリ
東海地方:200ミリ
九州北部地方:150ミリ
九州南部:120ミリ
の見込みです。

四国では、線状降水帯による非常に激しい雨の降りやすい状況が続いています。土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。また、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要です。

強風や高波にも注意

画像C

九州の海上では強い風が吹いており、海上はうねりを伴ってしけている所があります。九州から東海では、あす6日(水)にかけて強い風が吹き、海上ではうねりを伴い波が高く、しける所があるでしょう。

6日(水)にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
九州北部地方、四国地方、近畿地方、東海地方:18メートル(25メートル)
九州南部:15メートル(25メートル)

6日(水)にかけて予想される波の高さは、
九州北部地方、東海地方:4メートル
九州南部、四国地方、近畿地方:3メートル
の見込みです。

高波に警戒・注意し、強風に注意してください。

避難が難しい場合は、屋内避難も

画像D

九州から東海では大雨による土砂災害の恐れがあります。土砂災害から避難するには、ポイントが2つあります。

1つめは、早めの避難を心がけることです。特に、高齢者や障害のある方など、避難に時間のかかる方がいらっしゃる場合は、大雨になる前に行動してください。また、夜中に大雨が予想される場合は、なるべく明るいうちに、避難所など安全な所へ避難することが重要です。

2つめは、より安全な所へ避難することです。これまで、土砂災害の多くは、木造家屋の1階で被害にあっています。すでに雨が強まっているなど、どうしても避難場所への移動が困難な場合は、近くの頑丈な建物の2階以上へ移るのも、選択肢の一つです。家の中に留まる場合も、斜面から離れた部屋や、2階以上の部屋へ移ってください。

万が一、土石流が発生した場合は、土砂の流れる方向に対して直角に、できるだけ高い所へ避難することが、命を守ることにつながります。