台風4号は、きょう5日午前9時に温帯低気圧に変わりましたが、近畿地方では6日にかけて、引き続き土砂災害や河川の増水、低い土地に注意、警戒が必要です。

台風から変わった温帯低気圧が接近中

画像A

近畿地方には、台風から変わった温帯低気圧が近づいています。台風周辺の湿った空気と太平洋高気圧の縁をまわる湿った空気が西日本付近に集まり、所々で雨雲が発達しています。和歌山県南部では、前24時間の降水量が既に200ミリを超える大雨になってる所があります。温帯低気圧は明日6日にかけて近畿地方に接近、通過する見込みです。これから明日6日にかけて、引き続き大雨になるでしょう。6日の明け方にかけて土砂災害に警戒・低い土地の浸水や川の増水にも十分ご注意ください。

移動の際は細心の注意を

画像B

雨の中、自動車で移動される際などは崖の近くや急斜面、アンダーパスや川沿いなどは避けるようにしてください。自動車はドアの下の部分まで水に浸かると自動車本体が浮かび始め、身動きが取れなくなると言われています。どうしてもお車での移動が必要な場合は、ハザードマップなどで安全なルートを事前に確認するようにしてください。