メイン画像

あす15日は、東北北部を中心に再び大雨となるおそれがあります。一方、気温は全国的に高く、お盆後半は猛烈な暑さとなり、熱中症に警戒が必要です。

再び大雨に警戒

画像A

あすは日本海から北日本に向かって、前線や低気圧が進んできます。北日本は天気が下り坂で、東北は昼頃から、北海道は夜になると広く雨となる見込みです。

前線の活動が活発となる予想で、東北北部を中心に非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。

すでに先日の記録的大雨で地盤の緩んでいる所があります。少しの雨でも土砂災害のリスクが急激に高まる可能性があり、警戒が必要です。

西・東日本も変わりやすい天気

画像B

沖縄と九州から関東は、広い範囲で晴れ間が出る見込みです。

ただ、北日本に近づく前線や低気圧に向かって、湿った空気が流れ込みます。日中の気温の上昇も加わって、午後を中心に大気の状態が不安定となりそうです。

晴れていても、急に雨雲や雷雲が発達し、いわゆる「ゲリラ豪雨」となる所もあります。お出かけの際は、スマホで気象レーダーを確認するなど、天気の急変に注意して下さい。

午前中から30℃超え

画像C

沖縄と九州から関東を中心に、最高気温は35℃前後となる所が多い予想です。関東も猛烈な暑さが復活する見込みで、熱中症に警戒です。

気温は東京都心など広い範囲で、午前中から30℃を超え、日中は強い日差しでうだるような暑さになります。夜も蒸し暑さが残りそうです。

気象庁も、関東から西の地域に高温に関する情報を出して、警戒を呼び掛けています。

お盆休み中で、外で体を動かしたり、出かける方も多いかと思いますが、常に暑さ対策が欠かせません。日中に屋外での激しい運動は避ける、室内でもエアコンを使用するなど、熱中症にならないよう体調に注意して下さい。