台風18号(ロウキー)は、10月2日(日)午前3時に日本の東で温帯低気圧に変わりました。

台風18号 温帯低気圧に変わりました

台風18号は、9月28日(水)午後9時に南大東島の南で発生し、発達をしながら北上しました。その後、進路を東よりに変えて、29日(木)午後9時に「強い勢力」に発達しましたが、10月2日(日)午前3時に日本の東で温帯低気圧に変わりました。

本州付近への直接的な影響はありませんでしたが、伊豆諸島や小笠原諸島では、うねりを伴って波が高くなっています。関東の沿岸部も、高波にご注意ください。