関東甲信から北海道では、きょう6日午前11時時点で気温が15度に届かない所が多くなっています。午後も気温はほぼ横ばいで、東京都心では12月上旬〜中旬並みの気温で推移しそうです。

日中も空気ヒンヤリ

日本付近には寒気が流れ込んでいて、きょう(6日)は日中も気温があまり上がっていません。午前11時時点の気温は、東北や関東甲信で15度に届いていない所がほとんどで、北海道では10度前後となっています。東海や北陸は15度を少し上回る程度、近畿から九州にかけては20度前後の所が多くなっています。
特に、雨が降っている関東甲信では、北よりの風が吹いている影響もあり、空気がより冷たく感じられています。東京都心の11時時点の気温は、13.4度でした。最高気温は、午前6時10分に15.0度を観測していますが、朝よりも気温が低く推移しています。

関東甲信 午後も気温横ばい

画像B

午後も気温はそれほど上がらず、きょうの日中の最高気温は10月中旬〜下旬並みの所が多い予想です。
関東甲信では、午後も気温はほぼ横ばいで、東京都心では、気温は12度〜13度くらいで推移するでしょう。日中でも気温が12度〜13度というのは、12月上旬〜中旬ごろに相当します。午後も上着が必要です。

暖かい服装に加えて、暖かいものを食べるのもよいでしょう。tenki.jpでは「鍋もの指数」を発表しています。きのこなど秋の味覚が美味しい時期です。暖かいものを食べて体を温めて、体調を崩さないようにしてお過ごしください。