7日(水)の日中、北日本や北陸の雪や雨は一旦、小康状態になっていますが油断禁物。今夜は再び北陸や東北の日本海側などで、雪や雨が強まる見込みです。大気の状態が不安定なため、落雷や突風に注意が必要です。

日中は小康状態 今夜から雪・雨強まる

画像A

きょう7日は、西高東低の気圧配置で、北日本を中心に強い寒気が流れ込んでいます。北海道は日本海側を中心に雪、東北は雪や雨、北陸や山陰では所々で雨が降っています。

日本海側の雪や雨は、日中は一旦、小康状態となっています。7日14時現在、1時間に5ミリ以上の降水を観測している所はありません。積雪の深さは(7日14時現在)、北海道幌加内町朱鞠内で110センチ、青森県酸ヶ湯で97センチ、札幌市5センチなどとなっています。

今夜は気圧の谷や寒気の影響で、再び、東北や北陸を中心に、局地的に雪や雨が強まる予想です。大気の状態が不安定なため、落雷や竜巻などの突風に注意が必要です。近畿北部や、鳥取県など山陰地方も、変わりやすい天気です。今夜にかけて、急な雨や落雷に注意が必要です。

北海道から東北北部の日本海側では、あす8日にかけて雪が降るため、更に、積雪が増える見込みです。積雪や路面の凍結などに注意が必要です。

※推計気象分布:アメダスや気象衛星の観測データ等をもとに天気・気温・日照時間のきめ細かな分布を算出し、視覚的に把握できる情報。アメダスなどの観測所のない場所の状況も把握できますが、観測所を含むメッシュの値は、そこでの観測データとは必ずしも一致しません。