向こう1か月の北海道は、降水量や日照時間、気温ともに平年並みですが、気温は期間の前半が平年より低く、期間の後半は平年より高くなる傾向で、気温変化が大きな1か月となりそうです。また、降水量は平年並みですが、日本海側の降雪量は平年より少ない予想のため、湿った重たい雪に注意が必要となりそうです。

1週目(2月24日〜3月1日)  平年を下回る寒さに 明後日24日(土)は強い冷え込みに

画像A

天気は各地とも平年と同様で、日本海側は曇りや雪の日が多く、太平洋側やオホーツク海側は晴れの日が多くなるでしょう。気温は全道的に平年より低く経過する見込みです。特に明後日24日(土)の朝は冷え込みが強まり、道北の旭川ではマイナス20度くらい、名寄ではマイナス24度前後まで下がるなど厳しい寒さになるでしょう。今シーズンの道内は、まだマイナス30度以下の気温が観測されていません。明後日の朝は厳しい冷え込みですが、マイナス30度以下の地点がない場合、今シーズンはマイナス30度以下の観測がないまま、冬が終わることになりそうです。

2週目(3月2日〜3月8日) 根雪の終日 かなり早くなる所も?

この期間の道内は、天気は各地とも平年と同様で、日本海側は曇りや雪の日が多く、太平洋側やオホーツク海側は晴れの日が多くなるでしょう。気温は全道的に平年並みで経過する見込みです。例年、この時期から道内では根雪の無くなる所があり、胆振地方の室蘭では長期積雪の平年が3月7日となっています。しかし、今週前半の記録的な高温の影響で室蘭では2月22日15時の時点で、すでに積雪が0となっています。今シーズンの道内は、平年よりもかなり早く根雪終日の観測される所があるかもしれません。

3〜4週目(3月9日〜3月22日) 雪解け加速も湿った重たい雪に注意

この期間、気温は全道的に平年より高く経過し、雪解けが進みやすくなりそうです。天気は各地とも平年と同様で、日本海側は曇りや雪の日が多く、太平洋側やオホーツク海側は晴れの日が多くなるでしょう。例年、この時期の道内は、低気圧の影響でまとまった雪となることが度々あります。平年よりも高い気温の予想となっているため、湿った重たい雪に注意が必要となりそうです。