宇連ダム貯水率ゼロに 週明け一転 大雨警戒

宇連ダム貯水率ゼロに 週明け一転 大雨警戒

19日、愛知県新城市の宇連ダムの貯水率がゼロに。春以降、雨の少ない状態が続いていますが、週明けは一転、大雨に警戒が必要です。

貯水率ゼロに

19日午前5時、愛知県新城市の宇連(うれ)ダムの貯水率がゼロになりました。宇連ダムの貯水率がゼロになるのは、昭和60年1月以来、2度目です。宇連ダムは愛知県東部と静岡県西部の6つの市に水を供給する「豊川用水」最大の水源です。宇連ダムがある新城市(しんしろし)の雨量は、5月18日までの前60日間で220ミリ。平年比58%と、平年の半分くらいしか降っていません。豊川用水には、19日午前7時から愛知県と静岡県の県境にある天竜川水系の「佐久間ダム」から水の供給が始まり、豊川用水がすぐに利用できなくなることはないですが、愛知県豊橋市などでは、引き通き、節水を呼び掛けています。

少雨一転 大雨警戒

春以降、雨の少ない状態が続いていましたが、週明けは一転、大雨に警戒が必要です。20日(月)は前線に伴う活発な雨雲が西日本に広がり、夜は四国などで非常に激しく降る所がありそうです。四国では20日夕方までに多い所250ミリの雨が予想されています。日付が替わって21日(火)は、東海や北陸、関東でザーザー降りの雨となりそうです。宇連ダムがある新城市付近でも、まとまった雨が予想されています。ダムにとっては恵みの雨となりそうです。一方、関東甲信地方では危険な降り方に注意が必要です。関東甲信地方には、「大雨に関する情報」がすでに19日(日)から発表されています。20日(月)夜〜21日(火)夕方までに、多い所200ミリ〜300ミリの雨が予想されています。東京の5月の雨量の平年が140ミリくらいなので、かなりの雨量です。雨量が100ミリを超えると、土砂災害の危険が高まります。週明けは、西日本から東日本の広い範囲で大雨に警戒が必要です。雨量や雨の降る時間帯は前後する可能性があるため、最新の情報をこまめにチェックお願いします。


関連記事

おすすめ情報

tenki.jpの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索