九州で大雨 1日の雨量がひと月分を超えた所も

九州で大雨 1日の雨量がひと月分を超えた所も

九州に活発な雨雲がかかり続けています。鹿児島県肝付町の内之浦で、わずか1日で5月ひと月分を超える雨が一気に降るなど、南部を中心に大雨となり土砂災害の危険が高まっています。

鹿児島県、宮崎県、大分県 土砂災害に警戒を

九州には、南東方向から暖かく湿った空気が流れ込み、南部を中心に活発な雨雲がかかり続けています。18日(土)には、屋久島町で土砂崩れが発生しました。
きのう19日(日)の午後からきょう20日(月)の明け方にかけて、特に鹿児島県、宮崎県、大分県で雨脚が強まり、所々で激しい雨や非常に激しい雨が降りました。鹿児島県肝付町の内之浦では、20日午前4時までの24時間に413.0ミリの雨。内之浦の、5月のひと月分の雨量の平年値は324.5ミリですので、ひと月分を上回る量の雨が1日で一気に降ったことになります。
鹿児島県、宮崎県、大分県では、これまでの大雨で地盤が緩んでおり、「土砂災害警戒情報」の発表されている地域があるうえ、昼頃にかけても激しい雨が降るおそれがあります。また、増水している川もあり、今後、さらに水かさが増して氾濫が発生する危険性もあります。今後も、気象情報や自治体からの避難に関する情報を十分に確認し、慎重な行動を心がけてください。


関連記事

おすすめ情報

tenki.jpの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索