九州 台風17号接近、暴風や大雨などに警戒を

九州 台風17号接近、暴風や大雨などに警戒を

台風17号は五島の北の海上を北上しており、これから九州北部に最も接近する見込みです。すでに長崎県など九州の西部を中心に非常に強い風が吹いており、この後、暴風のエリアはさらに東へ広がる見込みです。また、長崎県の対馬市では非常に激しい雨が降っており、50年に一度の記録的な大雨となっているところがあります。暴風や大雨などに対して、厳重に警戒をしてください。

九州の西部を中心に非常に強い風

画像A

台風17号が近づいている長崎県や熊本県の沿岸部、佐賀県を中心に非常に強い風が観測されています。22日午後9時までの最大瞬間風速は、長崎県は長崎市野母崎と大村市で39.1メートルなど、熊本県は宇城市三角で35.8メートルなど、佐賀県は嬉野市で34.8メートルなどとなっており、九州の西部を中心に非常に強い風が観測されています。
これから、台風17号は対馬海峡を北東へ進み、九州北部へ最も接近する見込みです。これに伴い、暴風のエリアはさらに東へ広がり、九州北部の広い範囲でさらに風が強くなることが予想されます。
風が強い間は、外出はたいへん危険ですので控えるようにしてください。

長崎県対馬市で50年に一度の大雨

画像B

長崎県の対馬周辺には、活発な雨雲がかかっており、対馬市では50年に一度の記録的な大雨になっているところがあります。対馬にはこれからさらに台風の中心が接近し、激しい雨が降り続く恐れがあります。土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫などに厳重な警戒が必要です。


関連記事

おすすめ情報

tenki.jpの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索