秋雨前線と低気圧、南からの湿った空気の影響で、九州から北海道にかけての広い範囲で大雨。激しい雨や非常に激しい雨、雷雨、落雷、竜巻などの突風に注意警戒が必要。真夏日が復活する所も。

18日 全国的に不安定な天気

画像A

きょう18日は、秋雨前線と南からの湿った空気が日本列島の天気に影響します。前線はゆっくりと南下しながら、各地に大雨を降らせるでしょう。
【九州】昼過ぎにかけて雨が降る見込みです。昼頃までは、雷雨になる所や1時間に30ミリ以上の激しい雨、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降る所がありそうで、あす朝6時までの雨量が、多い所で120ミリになりそうです。
【四国や中国地方】夕方にかけて雨が降り、激しい雨の降る所、雷の鳴る所がある見込みです。
【近畿】北部では朝から雨が降り、中部と南部でも昼頃から雨が降るでしょう。こちらも雷雨や激しい雨になる所がありそうです。
【北陸と東海】夜にかけて雨が降るでしょう。雷雨や激しい雨になる所があり、北陸ではあすの朝6時までの雨量が、多い所で100ミリの大雨になる予想です。
【関東】前線の影響は弱い見込みですが、大気の状態が不安定になります。日中は東京、横浜など南部を中心に晴れ間がありますが、昼頃からは雨や雷雨になる所があるでしょう。急な雨に、ご注意下さい。
【東北と北海道】夜にかけて雨が降りやすいでしょう。雷雨や激しい雨になる所がありそうです。札幌など北海道の日本海側では、午後になって晴れ間がある見込みです。
【沖縄】前線の南側に位置して、太平洋高気圧に覆われるため、夏空の所が多いでしょう。日中の気温が上昇するにつれて大気の状態が不安定になるため、午後は急な雨や雷雨がありそうです。

18日の気温 真夏の空気と秋の空気が隣り合わせも

画像B

きょう18日の気温は、真夏の空気と秋の空気とが隣り合わせになるのが特徴で、秋雨前線が、その分かれ目になります。
沖縄は、那覇など30℃以上で真夏の空気です。
九州では、鹿児島など南部では前線の南側で30℃前後ですが、前線の直下で雨が降る福岡など北部は25℃を下回る所があるでしょう。
四国は30℃前後ですが、中国地方は瀬戸内側では25℃前後、日本海側では20℃を少し超えるくらいの予想です。瀬戸内海を挟む南と北で気温の差が大きくなるでしょう。
近畿は、舞鶴など日本海側では25℃以下の所が多い見込みですが、京都や大阪など中部から南部にかけては30℃前後でしょう。
東海は、名古屋など30℃前後の所が多い予想ですが、金沢など北陸は25℃前後でしょう。
関東は、東京や横浜、水戸など30℃を超える所が多いでしょう。このところ秋の気配が漂っていましたが、厳しい暑さが戻ります。
東北は、仙台など南部の太平洋側では30℃近くまで上がる所があり夏の空気ですが、秋田など北部や日本海側では25℃前後の所が多いでしょう。きのうより5℃くらい低い所がありそうです。
北海道では、札幌など25℃以下で秋の空気一色です。釧路や旭川など道東や道北では20℃前後の所があるでしょう。