関東は気温の変化が大きくなっています。20日(日)は断続的に雨で、さらに涼しく、最高気温は10月上旬並みでしょう。その後はまた気温のアップダウンが大きくなりそうです。

20日(日)は10月上旬並み

画像A

一番上のグラフは東京都心の最高気温です。(赤線は8月下旬、青い線は10月上旬の平年値を示しています。)
関東は、季節外れの暑さとなった18日(金)から一転して、19日(土)は暑さが収まっています。東京都心の最高気温は未明の27.1℃で、日中の気温は25℃前後でしのぎやすくなっています。
20日(日)は関東では、さらに気温が低くなりそうです。昼頃から雨が降ったりやんだりで、本降りの雨の時間もあるでしょう。最高気温は23℃くらいで、10月上旬並みの予想です。日中も羽織る物があると良いでしょう。

気温のアップダウン大きく

画像B

ただ、このままどんど季節が進むわけではなさそうです。この先も気温のアップダウンが大きくなるでしょう。21日(月)はまた夏日に。23日(水)頃までは半袖でちょうどよいくらいの陽気になりそうです。
今週後半になると、前線を伴った低気圧が本州付近を進む予想で、関東も雨の降る日が多くなるでしょう。24日(木)は最高気温が22℃くらいまでしか上がらず、10月並みになりそうです。来週になると最高気温が20℃に届かない日もでてくるでしょう。上着を用意しておくと良さそうです。
この先も季節はいったりきたり。日々の気温もチェックして、服装で上手に調節して下さい。日中は汗ばむくらいの日も最低気温は20℃を下回る所が多く、脱ぎ着しやすい服装が良さそうです。